FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊から織物へ

久しぶりの更新。
2期生のせきづかです。

本日の授業では、
繊維や生地について学びました。

羊がいて、
毛(ウール)を刈り、
繊維にして、
縒って糸にして、
織物ができる。

たった5行の文章ですが、
羊・毛(ウール)・繊維・糸・織物、
それぞれに知る人ぞ知る興味深い話がありました。

①冷暖房完備の部屋で過ごしている羊
②刈った毛、部分によって用途が異なる
③ウールとモヘア、触り心地の違いの理由
④繊維の細さと糸番手
⑤縦糸と横糸、双糸と単糸の組み合わせ
その他いろいろ…

掘り下げて、掘り下げて、
中身が細かくなればなるほど話は面白い。
教養を深めることは本当に大事だと感じました。


これは先生が持ってきてくださったジャケット。

IMG_0438_.jpg

裏地に秘密があるんですが、
適当なことは書けないので写真だけ。
この生地に関しての発想や可能性が面白かったです。

IMG_0439_.jpg

先生が飲んでいたウーロン茶を自らこぼしてみる。
このパフォーマンスに対して生地は見事に水分を拒否。
見事な撥水。
(撥水がスゴイことが秘密ではないのですが、コレもすごかったため)

まだまだ知らないことばかり。
新しいことは楽しいことばかり。
もっともっと色んなことを知りたい、
身に着けたいと改めて感じました。

本日はどうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁ、ほんま見事に弾き返してますね。私たちの時、まだこの先生の授業が無かったのでこの生地の秘密を知らないんですよ。また今度お会いした時に教えて下
さいv-143

No title

お疲れさまです。M本先生の授業、楽しかったみたいですねー!

↑の写真がちっちゃくて見づらいけど、もしかしてリバーシブルの生地???
ウールは糸自体に(若干の)撥水効果があるでよ☆
まぁ最近はナノテク云々とかいって、撥水加工を強化したサマーウールが
結構多いみたいですけどね…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。